FINCO ホーム | メール
カタログのご請求 各種製品のご注文
北欧パイン材 ログ部材直輸入 薪ストーブ 天然羊毛断熱材 サウナストーブ リンク リンク

カタログ薪ストーブの基礎知識使用上の注意
薪ストーブの基礎を知ることで、薪ストーブのある生活が
もっと豊かに、変わります。
ここでは、薪ストーブの名称や働き、
薪に適している木の種類や
薪ストーブの選び方などをご紹介します。
左のイラストの番号の上にカーソルを置いてください。
ローディング・ドアが付いた密閉スタイル。輻射熱をストーブ全体から発するため、熱効率のよさが特徴です。空気の取り入れや調節は、エア・コントロールとダンパーによってなされ、この調節で部屋をスムーズに暖めることができます。 輻射式と違い、正面ドア以外は高温にならないので、安全性が高いのが対流式。火室炉と鋼板カバーで2重構造になっており、外側本体に触っても火傷しません。
薪ストーブの内部では化学反応が起っています。薪の状態が悪かったり、空気量不足だと、この化学反応がうまく進みません。発熱量(カロリー)は基本的に一度に燃やす薪の量で決まります。水分の多い薪をチョロチョロ燃やせば、カロリーは上がりません。
暖まった空気は上昇します。空気の循環を考えて置く場所を決めましょう。特に吹き抜けの部屋の場合、イラストのように設置すれば、ストーブ全体から発した熱が部屋全体に行き渡ります。シーリング・ファンも効果的です。 煙突の空気の引きが悪いと、薪はうまく燃えません。外気温が低い日は煙突の空気の引きがよく、薪が燃えやすくなります。また、暖かい日はその逆で、エア・コントロールを大きめに開けば薪がよく燃えます。空気の量を外気温に応じて変えれば、効果的に薪を燃やすことができます。空気の引きが悪いときには、近くの窓を1〜2cm開けただけでも効果があります。
外出するけど、すぐに帰ってくる。火を消してしまうのはもったいない。そんな時、おき火の上に太い薪を5〜6本、火室がいっぱいになるくらいまで組み上げましょう。ダンパーとドアを閉じて、エア・コントロールはギリギリまで細く絞っておくのがポイント。帰ってきてもおき火が残っているため、部屋は暖かいままです。
基本的には部屋の面積に応じた暖房性能をもつ薪ストーブを選ぶ必要があります。暖房性能とは「単位時間のなかでどれだけの熱エネルギーを発散できる能力をもっているのか」ということ。kcalで表し、数字が大きければ広い部屋を暖められることになります。だだし、吹き抜けの有無、開口部や間仕切り壁の位置、その家の気密性など、暖房する部屋の条件によって、実際の暖房の効率は変わってきます。また、薪の乾燥具合と一度に燃やす薪の量でカロリーは決まります。
薪ストーブ用の薪に使える樹木は無限にあります。近所の雑木林で拾ってきた小枝でも、日曜大工の際に出た端材でも、十分に薪になります。しかし、薪として一番理想的な木は、ナラやクヌギなどの一般広葉樹です。これらは、比重が大きくて燃焼カロリーが高く、タールも発生しにくいという特徴があります。スギやマツなどの針葉樹は入手は容易だが、比重が軽く火持ちが悪く、タールも発生しやすいようです。
スギ 入手が容易で、薪割りも簡単だが、燃やすと火花が散りやすいため暖炉には不向き。
カラマツ 燃えやすく、火力も強いが、大量に燃やすとストーブを高温になりすぎてストーブを傷めてしまうことも。
ダグラスファー 安価で入手が容易だが、ヤニが多いため薪ストーブで使用する際は完全燃焼を心掛けること。
レッドシーダ 安価で入手が容易だが、ヤニが多いため薪ストーブで使用する際は完全燃焼を心掛けること。
ヒノキ 「火の木」というだけあって大変燃えやすいが、薪としては入手が困難。
アカマツ パルプ用に流通しており、比較的入手しやすい。火力が強いためスターター向きだが、火持ちはよくない。
ナラ 入手が容易で、火持ちが良く、ヤニも少ないため薪として人気が高い。伐採から少なくとも1年は乾燥を。
カシ、クヌギ 流通量はあまり多くはないが、火持ちの良いのが特徴。
シラカバ 油分を多く含み、良く燃える。樹皮は昔からかまどの焚き付けに使われてきた。
サクラ スモークチップに使われるだけあって、香りがとても良い。